プライベートでも職場の付き合いでも2次会なんかでカラオケに行くことってよくありますよね。

でもよくなれた関係でも人前で歌うってなると緊張して、うまくいかなかった経験って皆んなあるんじゃないでしょうか。

ここでは、人前で歌う自信がない方や、カラオケが苦手な方が少しでも楽しく歌を歌えるように、上達するヒントをお伝えします。

カラオケが苦手、音痴な人とは

音痴の原因はさまざまありますが、「音程やリズムが正確に取れない、声量がない」などの他に、「呼吸」も大きく関係してきます。
呼吸が安定しないと息が続かなくなり、歌い方が不安定になるため、本当であれば出せるはずの音でも、音程を外しやすくなってしまうことがあります。

そんな方は、曲を選ぶ時、歌う時、以下の項目を注意していきましょう。

1.そもそも原曲をしっかり聞いていない

音痴の原因は色々あるんですが、まず自分が歌っている曲をあまり聞いていない、覚えていないということが多いです。
鼻歌程度になんとなく把握しているから歌えると思って、いざ歌ってみるとぜんぜんついていけないという事があります。

そもそも、歌詞をある程度把握して、リズムを覚えていないと、どんなに小手先のテクニックを使っても上手くはなりません。

歌いたい曲をもう一度しっかり意識して聞き込みましょう。

最近のカラオケはメロディラインの音程が表示され、精密に採点する機能がついてますので、こういう機能を活用して、確認しながら練習する事をオススメします。

 

2.自分の声量にに合わない曲を選んでいる

リズムに乗れて、ある程度歌えているのに音痴に聞こえてしまっていることがあります。
これは今のあなたにあっていない音域の曲を歌っていることが原因でしょう。

最近のアーティストや人気の曲って、ハイトーンで歌い上げる楽曲が多いですよね。
なんのテクニックも身に着けていない状態で、そんな曲に挑戦してしまうと、
音程を外しまくって、最悪、喉を痛めてしまうことになります。

無理なく歌える曲を選んで、少しずつ自身を付けていきましょう。

 

3.本当の自分の声を知らない

意外と盲点なのが、歌っている時の自分の声を自分で聞いたことがない人が多いです。
つまり、自分が出している声と自分が認識している声のズレですね。

話している声を録音して聞いてみると、自分が認識している声と違ってたりしますよね。
脳の中で認識のズレが起きています。

一度、歌っている時の声を録音して客観的に聞いてみてくだい。
歌を練習するのは、自分で自分の声を把握してからのほうがより上達しますよ。

 

歌唱力・テクニックが上達する5つのポイントとは

人が聞いていて心地いいと感じる歌に共通しているポイントは2つです。
「音程が正確に取れている」
「ちゃんとリズムにのれている」

結局、この2つだけです。

なので、これらが上達し、歌をうまく歌うための基本的はポイントを5つご紹介します。

①喉が潤っている状態をキープする

歌を歌う際の最大の敵は、乾燥です!
そもそも喉は乾燥に弱く、乾燥した状態で歌ってしまうと、すぐに喉を痛めてしまい、声が枯れる原因なります。

エアコンは室内の空気を乾燥させます。そこにいるだけでどんどん喉が乾燥していきます。
その状態で歌えば歌うほど喉が傷ついてしまいます。

常に喉を潤すよう意識しましょう。

あと、カラオケではドリンクバーなどでジュースを飲んでしまうと思いますが、
甘いジュースや炭酸飲料は糖分が喉に残ってしまい、声が出しにくくなり、喉にも良くないです。

また、意外と気を付けないといけないのが、ウーロン茶です。

ウーロン茶の成分は、声帯の油分を分解して流してしまうので、歌を歌うときは適した飲み物ではありません。

できる限り、水を飲みましょう。

常温の水で常に喉を潤し続けていれば、声の調子の良さに気付くはずです。

 

②伸びのある高音を出すにはリラックスした姿勢で

キレイな伸びのある声を出すためには、きちんとしてリラックスした姿勢で歌いましょう。
肺から出した空気をしっかり声として口から出すには、気道をスムーズに通って来る必要があります。

立って歌うほうが理想的ですが、座ってないと恥ずかしいなら、せめて胸を張って歌いましょう。

体がガチガチにならないようにリラックスして、歌う前に深呼吸してみてくださいね。

 

③常に腹式呼吸を意識して歌う

ここから実践的なテクニックになります。

呼吸は大きく分けて、胸式呼吸と腹式呼吸の2つの種類があります。

胸式呼吸は、運動をした後や緊張して体に力が入っている状態の時にしている呼吸で、肩が上下に動いている、主に胸のあたりでおこなっている呼吸です。

腹式呼吸は、主に横隔膜を使う呼吸方法で、体がリラックスしている時や寝ている時などに行っている呼吸です。

歌を歌うときは、常に腹式呼吸を意識して声を出します。文字通り腹から声を出す感じですね。

やり方としては、
鼻からゆっくりと息を吸い込んで、おへその少し下くらいを膨らませるイメージです。
あとは、それを少しずつヘコませながらゆっくりと息を吐いていきます。

息を吐くときのほうが時間をかけゆっくりと意識をして行って下さい。

歌う時の呼吸と発声は常に腹式呼吸を意識します。

 

④ビブラートなどのテクニックを身につける

歌がキレイに聞こえるテクニックとしていくつかのスキルがあります。ビブラートなどの歌唱法ですね。

ビブラートは、声を伸ばす部分で声を揺らしてキレイに聞かせるテクニックです。

主な方法としては、喉だけでビブラートをかける方法と、あごを使ってかける方法、そして横隔膜を使ってビブラートをかける方法があります。

プロの歌い手が使っているビブラートはほとんど横隔膜を使ったビブラートです。

横隔膜を使ったビブラートは、上記している腹式呼吸をおこないます。

腹式呼吸をしてお腹から空気を送り出す時に、横隔膜を上下に揺らしてビブラートをかけます。常に横隔膜は意識しておく必要がありますね。

個人差はありますが、喉やあごを使ったビブラートは割と簡単にできると思います。

横隔膜でのビブラートはけっこう練習が必要です。ただこのビブラートのほうが、自然で流れのあるキレイなビブラートになりますよ。

 

⑤耳を塞いで大きな声で歌う

歌を短期間で劇的に上達させる方法として一番効果的なのが耳をふさいで歌うことです。
これ本当に効果的です。

耳を塞いで骨振動によって自分に伝わる声って、カラオケで人に聞こえている声なんですね。
なので実際やってみると、自分がいかに独りよがりな音程で歌っていたのかよく分かります。
恥ずかしくなるくらいに…

バケツをかぶって練習してもいいとは思いますが、音を完全シャットアウトする耳栓なんかでいいと思います。
ずれた音程を自分で修正できるので、劇的に歌が上手くなっていくことでしょう。

いきなり全部実行するのは難しいと思いますが、一つ一つ意識していくことで、目に見えて上達していき、歌うことが楽しくなっていくでしょう。

ただ歌の練習はやり過ぎ注意です!喉の筋肉を酷使しているので、疲れますし痛くなります。
少しずつ練習して、喉を十分に休ませながら無理のない範囲でやっていきましょう。