Miles(マイルズ)アプリのレビューで使ってみた感想や特典

メディアで取り上げられていて注目のアプリ、Miles(マイルズ)
世界中すべてのあらゆる手段の移動でマイルが貯まるアプリとして話題になっています。

 

ダウンロードして実際使ってみた感想と特典なんかをレビューしてみたいと思います。

Milesは2019年に米国でサービスを開始したわけですが、
マイルと聞くと普通飛行機での移動って思ってしまいますよね。

このアプリの凄いところは飛行機だけじゃなくて、
徒歩はもちろんのこと、自転車、バス、電車や車まで
すべての移動でマイルが貯まるってとこなんです。

様々な移動手段に対応していて、位置情報を元に移動距離で
ポイントが付く、とても楽しいアプリです!

2021年11月には100万ダウンロードを突破して、
今や大人気のアプリとなってます。

 

Miles(マイルズ)アプリのレビューで使ってみた感想や特典

①Miles(マイルズ)は移動手段によってマイルの倍率が違う

Milesがお得で面白い理由に移動手段ごとに得られるマイルの倍率が変わるところですね。
環境に優しいエコな移動であるほど倍率が上がります。
例えば、車移動の場合では、1マイル(約1.609km)につき1マイルが付与されます。
これが徒歩であれば、10マイルの付与となるわけです。

 

移動方法 倍率
徒歩・ランニング 10倍
自転車 5倍
バス・電車・船・スキー 3倍
車の相乗り 2倍
1倍
飛行機 0.1倍

 

②Milesのステータスは、シルバー、ゴールド、プラチナの3種類

Milesでは、月間の移動マイル数に応じて、翌月のステータスが決定されます。

ランク/条件 必要マイル数 特典
シルバー 750マイル未満
ゴールド 750~2000マイル未満 1つ獲得
プラチナ 2000マイル以上 2つ獲得

各ステータス毎に特典が用意されているので、
ぜひプラチナを目指しましょう。

 

③Miles(マイルズ)はどうやって移動距離を計測してる?

Milesでは、使用者の移動手段などはスマートフォンの
位置情報のデータをもとにAIが自動判定しています。

これ実際かなり正確に計測されています。

自分も会社への行き帰り、徒歩&電車な訳ですが、
正確に距離を計測され加算されてます。

これはMilesへの登録時に、
1.位置情報の設定を「常に許可」、「正確な位置情報を許可」しておく
2.毎日の移動のメインとなる移動手段を設定する

これをやることによって、携帯とGPSの情報で移動距離が
かなりの精度で算出され、マイルが付与されます。

移動手段が徒歩なのか車なのか、自動判定され、
遅くとも1時間以内くらいで獲得マイルが
反映されてるので驚きです。

④Milesのマイルと交換できる特典は?

貯まったマイルと交換できる特典ですが、サービス開始時にはファミリーマートの無料コーヒークーポンやアマゾンギフト券もありました。
ファミマの無料コーヒーまで頑張ろうと思ってたらそのサービスが無くなったような…

83もの企業がパートナーとなっていて、これからもっとサービスも充実してくるでしょうし、特典が復活することも考えられますね。寄付もできますよ。

 

ファミリーマート

アイスコーヒーS・ブレンドSの無料引き換えクーポン⇒400マイル〜

アマゾンギフト券

・アマゾンギフト券100円分⇒4,000マイル~
・アマゾンギフト券300円分⇒12,000マイル~
・アマゾンギフト券500円分⇒20,000マイル~
・アマゾンギフト券1,000円分⇒40,000マイル~

MIZUNO

ミズノオンラインショップのお買い物で利用できる500ポイント分⇒50マイル~

Hulu

1ヶ月間無料トライアル(通常は2週間)

ティップネス

フィットネスジムのティップネス1日体験利用料3,300円が無料⇒100マイル~

寄付(日本赤十字、セーブ・ザ・チルドレン)

 

などなど他にも多数あります。今後増えていきそうです。とりあえず、朝から電車通勤の長い方、営業などで走り回ってる方、出張などで新幹線や飛行機を利用することが多い方なんかは、勝手にかなりのマイルを獲得できるのでお得ですね。

話題のMilesのアプリはアップルストアから無料でダウンロードできますよ。